2017年07月

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

selected entries

このぬるいブログ内の検索

ヤダ、スゴい…私、走ってるッ!!(続報:殺しのライセンス)

殺しのライセンス」のクソどうでもいい続報です。




車、それは、田舎に住むものにとって足となる身近なツール。

センス、それは、車に乗るものが持っていた方が良いとされる俯瞰的な視野且つ臨機応変な対処・対応。

…これは、センス無き者が、凶器に飛び乗り一般道に踊り出た、実録:殺しのライセンス物語である。

感傷と感受性

今日は朝6時からちゃりんこ鬼コギで頂いた仕事の納品へ。

特に営業活動をしたわけでもなく、実績もコレといってないのに、ありがたいことに知り合った人からポロポロ、DTP系のお仕事をいただけている。感謝感謝です。

今回の仕事はとある商店街で毎月第4土曜に行われているイベントのポスター。
今日の今日から使うので、刷り上るや納品先にて風雨に耐えるラミネート加工作業へ。

発注者にコーヒーを頂きながら、せっせこ作業している時のBGMがMr.Childrenの「彩り」を誰か女性がJazzボッサ風にコピーした音楽で、私はとても感慨深い気分になった。


パラダイスなぬか床

先月の22日くらいだろうか、ぐっと暖かくなった日があった。

その日を境に、我が人生初の本格的なぬかを用いたぬか床が、野菜をかもし出したのである。

プラムフィールド留学、そして自称研修生☆

豊橋に戻ってきて長らく、泣き叫び逃げ惑う親を押さえつけてスネに齧り付く、という恐怖の妖怪、渡邊家の呪いとして暗躍しまくっていたアタクシですが、平行して放射能系のお勉強をしていたりする。もちろん、その間も片時も親を逃がさずスネは齧り上げているわけですがッはっは。

木曜日に静岡市にあるプラムフィールドに行ってきた。馬場利子さんという方が運営する市民放射能測定室も兼ねた場所。馬場さんは今月7日に豊橋で「健やかな命を未来へ〜子どもの健康を守る食べ方、暮らし方〜」という講演会の講師をされた方で、私はチラシ作成などで関わらせて頂けた。


秋の田舎ライフ

一年で一番好きな季節、秋ッ!!

天高く、金木犀が風に香る10月から11月の連休くらいまでが個人的にもっとも幸福を感じる季節であります。
この連休は全国的にも有名な伊良湖岬の鷹の渡りを見に家族で突端まで行ってきました。
弟夫婦も一緒で、万が一東海沖地震が発生して大津波でも来たら一族もろとも海のモクズでありますが、どうせいくなら一緒だよ〜ッ☆という感じで気合の鷹見の見物会。

渡り鳥と聞くとツバメくらいしか知らなかったのだけど、鷹も渡るんだそうで。ソレって有名?
サシバ、ハイタカ、チョウゲンボウ、聞いたことも無かった鷹の種類を勉強しつつ、今回見ることが出来たのはほとんどがトンビ。アマチュアカメラマンが大挙して大砲みたいなレンズで狙っているんだけど、トンビはいすぎてスルーされてた。

しかし大空を悠々と舞う姿は超かっこよく、鷹見初心者はトンビで十分興奮できたのでありました。

すわ!カメラマンたちがざわめきたち連続シャッター音が響く!

ハヤブサがヒヨドリを狙い時速200Km近くで降下しているのだった!!カッチョイー!!


そして、豪速の8823に対し、この季節、遠くは台湾まで渡ると言われている蝶々、アサギマダラも見ることができた。

アサギマダラ
アサギマダラ

こちらのてふてふ、今までみたどんな蝶よりも優雅に舞うのです。

それこそ昔の映画とかで桃源郷に舞う蝶が胡散臭いほどにふわふわ舞うような表現があったかとおもうのだけど、もうまんまそんな感じ。

誰かが天国をイメージして、こう、つんつんと糸で引っ張ってふわふわ感を演出しつつ、伸ばした手に今にも乗りそうな人懐っこさまでがやらせっぽい。そんな夢みたいな蝶々なのでありました。

上記の花の蜜をお食事中だった方にそっと指を差し出すと、「あ、そうですか?では。」と、乗ろうとして「いやいや!捕まりませんよ〜」てふてふてふ、と飛んでいく。なんという間の抜けた…。

呆れていたら案の定、研究者と思しきオッサンにサクッと捕まって、羽にマジックで落書きされていたのでした。
※調査のため捕獲して連絡先とかを記入されて放蝶されるのです。

明日は汚染瓦礫受入れ反対について勉強してくる。

呑気な田舎ライフと、放射能防御についての勉強及び行動。
日々に感謝して毎日の幸せを噛み締めつつ、汚染拡大を許さず、食品検査や除染について行動を起こす所存なのだ。

<< | 2/16PAGES | >>