2017年12月

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

selected entries

このぬるいブログ内の検索

海上の森

先週土曜日は家族で瀬戸市にある海上の森(かいしょのもり)に行っていた。

田舎でちょっと行けば自然が豊富な上、我が家は父の趣味もあり、かなりアウトドア派。
ファミリーいちインドア派で、インドア内でも主に布団上を活動拠点としている私ではあるが、野に放つと積んでる燃料(脂肪)のお陰か、長時間運用が意外と可能なのである。

土曜は弟夫婦も一緒に行くということもあり午前中早くからむしり取られ(布団から。)、梅雨明けを主張しすぎる炎天下ゆえ、木陰の涼やかな誘いがたまらない木漏れ日の森の中へ。



※以下、昆虫苦手な人はOPENしないほうがよいかもです。綺麗な蝶と美しい昆虫の写真あり。
ここ海上の森は、あの愛知万博の時に候補地になり、オオタカの生息地として反対運動が起こって開発を免れたところ。

散策道の他に、市が管理する休憩所、里山ビオトープ、保全活動費用を企業が出している林などがあるのだが、元々住んでいる住民の方々の、開発や企業がイメージアップ活動に森を利用することに対する猛烈な拒絶手書き看板が立ち並び、ある程度人工的に提供されることで「自然を楽しむ」ことが容易になっている自然公園としては、なんつーか 手放しで気持ちE−−ッ!楽C−−−ッ!とは言えない、ちょっと真面目に考えてしまう特別オプションもあったりするところ。

うーむ。住民の方が、マナーのあるなし関係ない大勢に押しかけられたくないという気持ちにもなろう。確かにとっても豊かな森なのだ。

オオルリサンコウチョウといった声も姿も美しい渡り鳥を含む 沢山の野鳥が見れたり、今回、私は生まれて初めてみたのだけど、以下の美しい虫たちとかも沢山いる。



国蝶であるすっごく立派なオオムラサキ

羽を閉じていると地味なのに…

オオムラサキの閉じてるヤツ
© my 父ちゃん


羽を広げると、ものすごい美しいムラサキ…

オオムラサキの開いてるヤツ
© my 父ちゃん



道おしえの異名を持つ、極悪なツラの癖に超美しいハンミョウ

正面から見ると、ベルセルクの最初頃に出てくる殺しあう妖精みたいな顔だけど…

ハンミョウの正面ヅラ
© my 父ちゃん


背中は玉虫もかくやという鮮やかでデザイン誰が考えたん?っていう見事な羽…

ハンミョウの美しい背中
© my 父ちゃん




森を利用されたり汚されたり、動植物を驚かせたりいじめたりして欲しくない住民の人の気持ちと、沢山の人に自然の豊かさを満喫してもらいつつ、提供者としてアピールもしたい市や企業の気持ちと、こんなに素晴らしい森で、冷たそうで気持ちよさそうな美しい小川まであるのに、それが動植物込みで放射能に汚染されてしまったかもしれないと思いつつ、貴重で美しい昆虫を家族で見れてマジクソ楽しかったという私の気持ちと、色々考えたり感じたりしすぎて、熱中症はまぬがれたのに脳がショートして煙が噴出した休日だった。







私信ッ!!! しまん御中!巻紙、投函完了しました草々ッ!!!