2017年12月

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

selected entries

このぬるいブログ内の検索

パッション

原題:The Mother
監督:ロジャー・ミッチェル
主演:ダニエル・クレイグ


と、特濃すぎた…。

映画を沢山みると色んな人生を体験できるから大好きなわけだが、コレは特濃すぎた…。
熟女、と言うと大体が〜55くらいを想定するのではないだろうか。そこにきてこれは還暦越えの女性の、邦題どおり、パッションのお話だった。

30代後半から40代半ばの兄妹の子を持つ年老いた母が、老々介護の夫と2人、電車に乗って街に住む子供たちの家へ余暇に来たら、父が老々すぎてポクってしまう。成功したっぽい大きな家を持つ長男は茫然自失している母をしばらく自宅に泊め置く。その大きな家に長男と同じ大学を中退したDIYが得意な同級生が温室の増設を請け負っていて、そのオトコが007の若かりしめちゃくちゃいい体をした一応既婚者のダニエル・クレイグなのである。離婚して一児の母の妹は、兄を介して彼と知り合い、既婚を承知で猛烈にアタックしているのだが、体の関係になれど妻と別れてはくれない。そこでひねもす兄の家や自分の家で居候してなかなか田舎に帰らない母に仲介を頼むのだが…

だが、だがだが かーちゃん!まさかの展開。

ほとばしる腹肉ッ!!力ないたらちねッ!!!その谷間に寄る沢庵のような皺!皺!皺!!

目がぁああぁ〜〜〜〜、、目があぁぁああぁ〜〜〜〜ッ!!!

ムスカる自分をなだめ、なんとか感想を言うのならば、老いは心構えなどなく突然その身に降りかかり、気づけば世の中は若者を中心に回り続け、渦中に居る時は自分もないがしろにしている老人という存在に、意識せずに遠心力ではじかれそこに立たされた時、もう、自分は円の中心には居ないのだということを自認し、再び飛び込むようなまねをせず、静かに余生を過ごすなんてことは、若者が年寄りに望むことであり、年寄りは、体だけはジャンジャンバリバリ古びても、心はいつまでも個の性質にとどまり続け、エグい願望はくすぶり続け、嗚呼!!!なにこれキモいッ!!出家したいッ!!!!

出家するっつーか鐘を突きたいッ!!!なんだこの映画!コエ〜〜〜〜ッ!!!コエ〜〜〜ッ!!!

…という一本でした。