2018年06月

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

selected entries

このぬるいブログ内の検索

何かを超えるということ

今日は寒かったですな。
出かける用事があったので用意をしなくてはいけないけれど寒さのため布団からでることができない。

暖房をつけると負けな気がするため、限界まで布団から出ないのだが、頑張れば頑張るほど人生に負けてしまうという驚愕の落とし穴が。
免疫力低下が叫ばれる昨今のアタクシ模様ですが、低体温というのも原因のひとつ。
ソレが故に一度冷えてしまうと布団に入っても足先がいつまでも冷たくて眠れない。

しかし、一晩かけてなんとか温まったこの足を持ってして、結界となっている極楽のこの布団から一歩を踏み出さなければ、1円たりとも入手することができないわけです無職だから。

何かを超えるということ。

その「何か」とは、布団の絶対的な誘惑を指し、それを超えなくては得られぬモノがあるなんつーことが言いたいのでは決してなく、私がさっきから考えているのは、本日発売になった森山直太郎のニューアルバム「レア・トラックス vol.1」の8曲目のタイトルが「うんこ」だったため、そんな彼が超えてしまったのは何なのか、それに思いを馳せていたわけなのである。



「うんこ」て…。。

4曲目のタイトル「トイレの匂いも変わったね」て…。

彼はいったい何を超えてしまったのだろうか。超えていいものと悪いものがあったのではないか。とりあえず早く視聴してみたい布団の中のワタクシなのであった。